**   STYLISH   **   TOPページへ  |  ★サイトマップ★(各記事へのメニュー)  |   別館のご案内     

2005年07月28日

★手書きで暑中見舞いを出したくなるステキな小物

暑中見舞い



メールも良いけれど、今年の夏は、姿勢を正して大切なあの人に手紙を綴りたい。

涼しげなガラスペンに初挑戦。色鉛筆も使って自由に自分の気持ちを綴る。もちろん封筒や紙にもこだわって。愛用のちゃぶ台で、一文字一文字ゆっくりと丁寧に気持ちを綴る。


夏の日に、暑中見舞いとともに気持ちを届ける。


*******************************************************

洗練された和の粋を感じる便箋と封筒

iconicon


KOZO/ レターセット ブラウン icon

エコロジーペーパーに竹や凧糸などの日本の伝統素材を組み合わせたレターセット。ブラウン・アイボリーの2色の便箋を少しずらして重ね折って封筒に入れれば、送った相手に異なる風合いを楽しんでもらえます。

KAKURAのオリジナルブランドである「semicolon」の紙製品。エコロジーペーパーに、日本の伝統素材である竹や凧糸を組み合わせ、使い勝手のいいシンプルなデザインの中にも、洗練された“和”のエッセンスが効いています。KOZレターセットの便箋には、楮(こうぞ)の繊維を漉き込んだ、風合いの良い紙を使用。楮の繊維はほかの原料に比べて太く長いので、和紙のような素朴な風合いが強調されています。ブラウン、アイボリーの2色があり、どちらの色も楮の塵入りタイプと無地タイプの各4枚の便箋がセットになっています。それぞれの便箋を少しずらし、重ね折って封筒に入れると、送った相手にふたつの異なる風合いを楽しんでもらうことができます。
 封筒は、風呂敷を畳んだイメージでデザイン。素材に、古紙50%と竹パルプ20%の環境配慮紙を使用しています。紙が厚くしっかりとしているので、写真を贈ったり季節の押し花を添えたりと、パッケージとしての機能も果します。セット内には葉を落として磨きをかけた飾りの竹が1本入り、風情を醸し出しています。

*******************************************************

月日の経過と共に濃くなる記録用インク

iconicon


エルバン/ 公証人用インク(インク色:黒) icon

ロッグウッドという特別な染料系植物を使ったこのインクは、月日が経つほどに黒さが増していく不思議なもの。ビジネスにもプライベートでも、ガラスペンとともに大切なシーンで使いたい逸品です。

「公証人用」とはすなわち、保管の必要な公的記録にふさわしい歳月の経過に耐えられるという意味です。このインクは、ロッグウッドというタンニンを多く含んだ特別な染料系植物から抽出されているため、月日が経つごとに黒さが増していくというなんとも不思議なインクです。ビジネスシーンのほか、プライベートでの大切なシーンでも使いたい逸品です。
船乗りだったJ.エルバンが、インドで買い付けた材料をもとに、1670年に誕生したシールワックスとインクのブランド「HERBIN」。その品質から、フランス人が最初に指名するインクはエルバンだといわれています。

*******************************************************

ひとつずつ手作りの繊細なガラスペン

iconicon


エルバン/ ガラスペン ブルー icon

使うのがもったいなく思える美しいフォルムのガラス製のペンは、すべて職人の手作りの一点もの。繊細な造りのペン先に施された細かな溝により、インクが切れることなく数行に渡り滑らかに書けることも人気の秘密。

使うのがもったいなく思えるガラス製のペンは、ひとつ一つが職人の手作業による一点もの。デスク上のアクセサリーとしてはもちろん、このペンを使っていれば誰からもセンスの良さを認められる、美しいペンです。
 すっと伸びた柄の先に付いたソフトクリームのような形のペン先は、とても繊細な造り。そのペン先に施された細かな溝により、インクが切れることなく数行に渡る筆記ができます。デザインだけでなく、その滑らかな書き味も人気の秘密です。カラーこちらのブルーの他に、レッド、グリーン、エンジ、イエローの全6色が揃っています。

*******************************************************

色鉛筆と水彩絵の具が合体した画期的な商品

iconicon


ステッドラー/ Karat/ 水彩鉛筆 24色セット(キャンペーン対象商品) icon

色鉛筆として使えますが、水を含んだ筆でなぞると、水彩画のように色が溶け出す水彩鉛筆。パレットやバケツも要らないため、趣味で絵を始めてみたい人や、旅先でちょっと描きたい人にはおすすめです。

色鉛筆なのに、描いたあと水を含ませた筆でなぞると、色が水に溶けてまるで水彩画のような効果を出すことができます。色鉛筆と水彩のふた通りの使い心地を楽しめる、何ともぜいたくな画材です。これなら、水彩絵の具のように準備や後片付けの心配も要りません。一枚の絵の中で色鉛筆の線画タッチと水彩の流麗な淡いタッチを一緒に表現することが可能ですから、より幅広い分野での創作を楽しむことができます。
 もちろん、ふだんは色鉛筆として、滑らかな描き味、鮮やかな発色は言うまでもなく、水彩として水に溶ける瞬間もカラト水彩鉛筆ならではの鮮やかさです。

*******************************************************

ころころ移動できる現代版ちゃぶ台

iconicon


コサイン/アトリエデスク icon

北海道のクラフトメーカーによる手作りの逸品。様々なシーンで使えるように、キャスター付きで脚が折り畳められるちゃぶ台のようなテーブルです。使い込むほどあめ色に変化して愛着がわいてきます。

キャスター付きの脚が折り畳める、ちゃぶ台のようなテーブルです。清潔感のある白い色と、つやのある木肌が特徴のメープル材は、見た目より重さがあって硬く割れにくいので、永くお使いいただけます。使い込むほどにあめ色に変化するので、使えば使うほど愛着がわいてくるはずです。
 ミシンかけや縫いものなどの家事のとき、手紙を書いたり、子どもの宿題をみたりするのにリビングのテーブルだといちいち片付けなくてはいけない、という悩みから生まれた現代版のちゃぶ台です。キャスター付きなので、道具をのせたまま部屋の隅にころころと移動させたり、不要なときは脚を折り畳んで収納できます。
 ベランダに移動させてお茶を飲んだり、壁にもたれながら読書をしたり、好きな場所が自分の場所になります。


STYLISHのTOPページでオススメをチェック!


posted by STYLE at 14:25| コンセプトで選ぶ生活シーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。